Top > クリプト

クリプト
HTML ConvertTime 0.143 sec.
クリプト.jpgキャラクター名クリプト
英字表記Crypto
本名パク・テジュン
Tae Joon Park
偽名キム・ヒョン
Hyeon Kim
年齢24
帰るべき世界ガイア
クラスリコン
パッシブアビリティニューロリンク
戦術アビリティスパイドローン
アルティメットアビリティドローンEMP
実装日2019/10/02(シーズン3開始時)
日本語版ボイス増元拓也
英語版ボイスJohnny Young

「覚悟ができていれば、怖いものはない」


監視活動の達人
機密事項を探らせたら、クリプトの右に出る者はいない。優れた暗号解読能力を持つ敏腕ハッカーとして、Apexアリーナでは飛行ドローンを操りながら姿を隠して敵の動向を偵察する。
一方で彼もまた秘密を抱えている。本名はパク・テジュン。殺人犯という濡衣を着せた真犯人を見つけるために、Apexゲームに参戦した。


テジュンは孤児だったが、血縁はなくとも肉親として育ったミラ・アレクサンダーとともに、マーシナリー・シンジケートのコンピューター技師となることで劣悪な環境を脱出した。
ある日、2人はApexゲームのコンピュータシステムに隠されたアルゴリズムを偶然発見する。あらゆるApexゲームの結果を予測できるという代物だった。
それはすぐに悪人たちの目を惹き、翌日ミラの姿が忽然と消えてしまう。殺人犯として濡衣を着せられたテジュンは、身を隠しながら逃避行するよりほかになかった。
テジュンは潔白を証明するためにゲームへの参戦を決める。まるで強烈なスポットライトの下に身を置き、自身の影を消そうとするかのように。


 STORIES FROM THE OUTLANDS公開前

[調整履歴]

  • 2024/02/14(シーズン20)
    • アビリティアップグレード実装。
    • ドローンの回収速度がわずかに上昇。
    • ドローン操作と本体操作の切り替え速度が上昇。
  • 2023/02/15(シーズン16)
    • クラスの再構成。調査ビーコンが次のリング位置→敵全員の位置 に変更。

 ←過去の調整履歴

解説・設定 Edit

[公式]https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/characters/crypto
2019年10月2日、シーズン3より参戦した11人目のレジェンド。
シーズン2でリパルサータワーを破壊した張本人。APEXゲームには「キム・ヒョン」という偽名で登録しており、本名の「パク・テジュン」は誰にも知られていない。*1


「遠隔操作できる飛行ドローン」を使った斥候・偵察を持ち味とする。
非常に強力なドローンだが、全てのアビリティがドローン依存なため、ドローンを破壊されると実質的にアビリティ無しになってしまう。
また、操作中はクリプト本体が完全に無防備になってしまう。索敵効果の仕様や放置or呼び戻しを使い分ける判断など、覚えるべき仕様・操作もなかなか複雑。
使いこなすには己の技術だけでなく、味方との連携もカギもなる。「自分の身は自分で守れ、他人に頼るな」なんてことは難しい。


ちなみにドローンの名前はハック。
他のレジェンドのバナーポーズやエモートに出張している事があり、鳥のような扱いをされている。
クリプトとは一緒にゲームで遊んだり、剣のような打撃武器として扱われていたりすることもある。
タウンテイクオーバーはKINGS CANYONの「マップルーム」。

 他レジェンドとの関係
 年齢の変更について

クラス Edit

class-recon.pngリコン
Recon
調査ビーコンにアクセス調査ビーコンをスキャンし、敵全員の位置を短時間表示する。
対象ブラッドハウンド クリプト シア ヴァンテージ

調査ビーコンをスキャンすると、スキャン時点での全ての敵の位置を30秒間マップ上に表示する。
スキャン時に、マップ上で調査ビーコンを中心にパルスが広がる。パルス内の敵は調査ビーコンでスキャン済みの通知を受け、マップ上でパルスを確認できる。

調査ビーコン
survey_beacon.png

自身で直接スキャン可能な他、スパイドローンでもスキャン可能。ドローン操作の場合は一瞬でスキャン完了する。
これにより、ラウンド後半でも安全なスキャンが可能。リング外のビーコンもダメージを受けずにスキャンできる

アビリティ Edit

パッシブアビリティ Edit

passive-crypto.pngニューロリンク
Neurolink
クリプトとチームメイトは、スパイドローンが30m以内で検知したものを確認できる。
検出距離 / 範囲前方30 m / 前方240°
  • 「戦術:スパイドローン」のドローン視界範囲内(30 m / 240°)に捉えた対象を赤くハイライト表示して△マークをつける。自分と味方は壁越しでもそれらを視認可能になる。
    • アビリティによる設置物・ドア・サプライボックス等も検出し、ハイライト表示する。
    • クローク中の対象は検知できない
  • ドローンが対象を捉えている間は、操作していなくても表示し続ける。対象が範囲外に出たり障害物などで視線を遮ったりすると効果は失われるが、再び範囲内に入れば再び表示される。
    • 敵ドローンに捉えられている間は「ドローンを検知」の通知を受けるため、見られているのが分かる。
  • 対象がドローンの範囲内に居て、かつドローンとの視線判定が通っている場合に検出扱いとなる。
    • スモークの判定が残っている間は外側から内側への視線が遮られるためスキャン不能。ただし内側から外側へは通るためスキャン可能。
    • コースティックのガスは視線を遮る当たり判定がないためスキャン可能。
    • ドームシールドモバイルプロテクターは視線判定を遮るためスキャン不可能。
    • 増幅バリケードのシールド部分は両側ともに視線が通りスキャン可能。
    • 窓ガラスの向こう側はスキャンできるものとできないものがある。スコープなどの距離計やシグナルがガラスを超えて指せるものは視線判定も通る。

戦術アビリティ Edit

tactical-crypto.pngスパイドローン
Surveillance Drone
空中カメラ付きドローンを展開する。調査ビーコン、リスポーンビーコン、味方のバナーカードに遠隔でアクションできる。
リチャージ40 s
耐久50
ドローン展開・操作切替時間[展開済]1.3s[0.9s]
ドローン回収時間2.3 s
ドローン吸着距離17.02 m
移動可能半径200.99 m
展開限界半径240 m

展開及び操作について

  • 戦術アビリティボタンを押すと、その時点でクリプトが向いていた方向にドローンを展開して約22m前進させる。
    • クリプトの前方17m以内に何らかの障害物が存在する場合、照準の緑のマークが明るくなり、その方向にドローンを発進させた際地形にぶつかり吸着して停止する。
      • ぶつかる対象が壁など乗れない地形であれば、地形の面に対し垂直に向く、坂道や曲面などであればその分向きが上下する。
      • 床や天井といった水平の物体、あるいは階段や坂道など乗れる地形であるときは、水平に向き、方向転換はしない。
    • 17mより遠い障害物に当たる場合はその1m手前で停止し、方向転換はしない。
  • 戦術アビリティボタンを長押しすると、ドローンを展開して前進させた後そのままドローン操作に切り替える。
    • 長押し時間は投擲モーション開始から0.25秒と非常に短い。肩から抜いたドローンが目の前に出たあたりが0.25秒であり、それ以降はボタンを離しても大丈夫。
    • ドローンは切替操作を受け付けたと同時に前進停止するため、クリプトのおよそ4.5m前方の場所から操作を開始することとなる。
    • この際も13m以内に障害物が存在する場合は、ボタン短押し時の挙動と同じくぶつかる対象によって方向転換あるいは停止する。
    • 長押しで切替操作を受けつけた後、ドローン視点に切り替わる前に回復操作を行うと、回復を行いながらドローン視点に切り替わる。

  • 操作中に戦術アビリティボタンを押すと、即座に操作を解除しクリプトの視点に戻る。
  • 展開中に戦術アビリティボタンを押すと、ドローン操作に移る。操作に移るには0.9秒必要。
  • 展開中にユーティリティーアクションボタンを押すと、ドローンを回収する。約2.3秒必要。その際ドローンの耐久値はリセットされる。
    • 長押しモーション(蘇生・チャージタワー・起爆ホールドではない通常の保管庫)をしている際にドローンを回収すると、それらのモーションがキャンセルされる。
  • 展開・回収・切替によってリチャージは発生しない。(リチャージは破壊された時にのみ発生する。)

  • ドローン操作中、クリプト本体を操作できない。歩行やスプリントは中断されるが、しゃがみ・スライディングは維持される。
    • 操作中にクリプトが敵の攻撃を受けると、強制的に操作が中断され、ダメージを受けてから1.4秒間は戦術アビリティボタンを押しても操作に移れない。自分の攻撃(EMPやグレネードなど)の場合は中断しない。
    • クリプトがスモークやEMPなどなんらかの画面エフェクトが表示される状態の場合、ドローン操作時の画面にも反映される。
  • ドローンは向いている方向を正面として、通常と同じく前後左右移動・視点移動ができる。
    • ADSボタンを押している間は、高度を固定して水平移動が可能(上下視点に依存しない)。
    • ジャンプ・しゃがみボタンで、垂直方向の移動が可能(視点方向に依存しない)。高度固定中でも可能。直接上下を向いた移動と比べ、最高速が低いが加速が強い。
 操作方法の図解
  • 水平速度は斜線の開き、垂直速度は画面右の高度計の動きで大まかに把握できる。
  • 操作可能範囲はクリプトを中心に半径約201m(ドローン視点時HUDにゲージで操作可能距離が見える)。
    • 150m以上離れるとドローン視点にノイズが走り、201m以上離れると激しいノイズと共に移動不能になり、240m以上離れると自動的に回収される。
      • 約207m以内なら範囲の内側の方へ向かって移動することができる。
  • ジップライン中などには使用できない。

ドローンの機能及び特徴

  • ドローン操作時には「パッシブ:ニューロリンク」に加え、ドアの開閉、サプライボックス・ケアパッケージの開封、バナーの回収、リスポーンビーコン・調査ビーコン・保管庫の鍵の使用など一部オブジェクトに対するアクションを実行できる。
  • 通常時と同様に敵発見・アイテム発見などのシグナル発信が可能。
  • 自分や味方が飛ばしたドローンの位置は自分達のマップに表示される。
    マップに映るドローン
    ドローン.jpg
  • ドローン操作中は武器のリロードを自動で行う。必要な時間は通常のリロード時間と同じ。弾切れ時にはしっかり時間が延び、アタッチメントによる短縮も受ける。
    • 1発ずつリロードを行う30-30マスティフの場合、マガジン内の弾が少ないほどリロード時間が延びる。
      ただし通常とは違い、途中で操作を中断すればリロードは行われない。(例えば5発リロードが必要だが3発の時間で操作を中断したなら、1発もリロードされない。)
  • ドローン視点ではマップ各所にある垂れ幕に周辺の敵部隊数が表示される。(通常はキルリーダーやチャンピオンのバナー情報が載っている)
    • シグナルを打つとクイックチャットにて報告する。0〜3部隊までは部隊数、4部隊以上なら大勢いるという内容のボイスになる。フィードには敵部隊数が表示される、
    • 索敵範囲はクリプトを中心に半径200m(ドローンの移動範囲と同じ)。どの垂れ幕にシグナルを打っても索敵範囲は変わらない。
      ちなみに、半径200mは左上のミニマップと大体同じ範囲である。
      垂れ幕の例
      幕2.png
       「こちらが有利だ」について
  • ドローンの当たり判定は一辺約50in(約1.3m)の立方体でありドローン周囲の球体エフェクトよりかなり大きい。
    • レジェンドは抜けられないがドローンなら抜けられる場所がある。例えばSTORM POINTの建造物にある格子窓は格子の間を抜けて出入りが可能。
    • 自分や味方にドローンを攻撃されてもダメージを受けないが、判定自体はあるので攻撃等はドローンに当たり遮られる。
      ただしアークスターやドームシールドなどオブジェクトに吸着するものは弾かれるため、くっつけて運んだり設置することはできない。
    • オブジェクトの当たり判定の影響を受けるため、一部閉所では展開後操作できなかったり、動くオブジェクト(ドアの開閉を含む)に巻き込まれて破壊されたりすることがある。
  • 他の設置物同様、ドローンに対しシグナルが打てる。ドローンの存在を味方に伝えられるほか、シグナルが一定時間ドローンを追従するため壁越しに視認できるようになる。

解説

ドローンにできることは多岐に渡るが重要なのは以下の3点、及び後述のEMP。

  • 一つ目は、ドローンの視野角240度、距離30m以内に捉えた対象の位置を自分を含めチームメイトにも表示すること。(パッシブ:ニューロリンクの効果)
    敵の近くに置いたまま操作を中断すれば索敵効果を維持したままクリプト本体も戦闘に参加できる。
    木陰や天井など見つかりにくい場所に潜ませて監視カメラのようにしたり、ハイド中の敵の発見、交戦前に投げて遮蔽物の後ろにいる敵の位置を把握したりなどの使い方が可能。
  • 二つ目は、バナーの回収、リスポーンビーコン、調査ビーコンを使用できること。
    これらの使用は一瞬で完了するため、安全かつ手軽に実行可能。もちろんクリプト本人でも可能だが、ドローンの方が早く行える。
    ドローンはリング外ダメージを受けないので、リング外のビーコンを使ったりバナー回収したりできる。
    近くにリスポーンビーコンがあれば、たとえ戦闘中であっても即座に使用できる。もちろんモバイルリスポーンビーコンも使用可能。
  • 三つ目は、垂れ幕にシグナルを打つことで周辺の敵部隊数を知らせること。
    移動中の安全を確認したり、戦闘前の押し引きの判断、戦闘中・戦闘後の乱入の察知など、状況判断の助けになるだろう。

弱点として、ドローンの操作中はクリプト本体が完全に無防備で立ち止まってしまう。必ず周囲の安全を確保してから操作すること。
操作中はドローンの近くでする足音等を聞き取れる反面、クリプト本体の周囲の音は聞き取れない。積極的にバナーを見て安全を確認しよう。
ドローンの発する音は敵にも聞こえている。駆動音以外にも接続時や切断時の音も聞こえるため、「切断音がした=ドローンが静止する」となるため狙われる危険がある。


索敵やUltでサポートできるとはいえ、戦闘中にドローンを操作するという事は味方が2vs3を強いられる点にも注意。
適当な所で切り上げ自分も戦闘に参加する判断力、すぐ味方のカバーに行ける位置取りが求められる。

アルティメットアビリティ Edit

ultimate-crypto.pngドローンEMP
Drone EMP
ドローンからEMPをチャージする。衝撃波によって50シールドダメージを与え、プレイヤーの動きを遅らせつつ、罠を破壊する。
リチャージ180 s
起動から発動まで2.5 s
効果半径30 m
シールドダメージ50
スロー*2効果時間2.0 s
  • スパイドローン操作中にultもしくは射撃操作、操作中でなくともドローンを展開していればult操作で実行可能。
    • ultが使用可能状態でもドローンを展開していなければ使用できない。
    • ultキー入力からEMP発射の間にドローンを破壊された場合は不発に終わる。その場合チャージは消費しない。
  • 発動するとドローンの半径30mを電磁波が包み、約2.5秒後にEMP波が放たれ、範囲内の敵の設置物を破壊し、ボディシールドに50ダメージ2秒のスロー効果を与える。効果はオブジェクトを貫通する
    • 範囲内にある落ちているボディシールドに対しても耐久値を50減少する効果を与える。ただし脱いでから15秒経過したシールドにはダメージが入らない。
    • ヘルスダメージは無い(例えばシールド残量30なら30ダメージだけ受ける)。
    • 自分が範囲内にいるとダメージとスロー両方受ける。範囲内の味方に対してはスロー効果のみ与え、ダメージは無く設置物を破壊しない。
  • ドローンを自爆させているわけでは無いので使用後も通常通りドローンを操作可能。

解説

攻撃にも防御にも活躍するクリプトのアルティメット。戦闘中の味方を援護する為にも積極的に使っていきたい。

  • 攻撃に使う場合、50ダメージはLv3シールドをLv1シールドにするようなもので、ドローンの索敵と相まって敵を倒しやすくしてくれるだろう。
    味方はクリプトのEMPを起点にすることで、スローや回復中の敵を攻撃しやすくなる。設置物をまとめて破壊するため、防衛系アビリティによる籠城を一瞬で崩すこともできる。
    半径30mなので検出している敵なら命中する。操作中は対象との距離が表示される。範囲内かどうかの参考にしよう。
  • 防御に使う場合、自傷覚悟で使うことで敵の足止めができる。たとえ自分が喰らったとしても敵3人が喰らったのなら、チーム全体で100のシールド差を生み出せる。
    その際シールドがダメージを受けているなら、EMPを発動しながらシールドバッテリーを使用することでEMPダメージを帳消しにできる。

「EMPに合わせてバッテリーを使う」は敵のEMPに対しても可能。
もちろん自分のEMPに対して敵がそうすることも可能。なので基本的には、EMPは敵のシールドが無傷の時に使いたい。


敵のEMPを喰らう側の対策としては、EMP発射前にドローンを破壊することで阻止できる。
阻止に失敗しても常に検知される状態は危険であり、自分が検知されていなくても味方が検知されている場合がある。早めに破壊するのが安全だろう。
余裕があるなら敵のEMPを喰らう前にシールドコアを外すことを推奨する。
これには以下の利点がある。

  • 敵クリプトにシールド進化のためのダメージ値を与えない。
  • 敵クリプトの画面にヒットマーカー及びダメージ表示がされなくなり、以下の情報を確認できなくさせる。
    • 自分達の位置および人数。
    • シールドLv情報。
    • シールド耐久値が無くなったか否か。(ダメージが50未満ならシールドがゼロだと分かる)
    • 鉄壁持ちか否か。(鉄壁の場合43ダメージになる)
 画像で説明

序盤は前者、後半は後者の影響がそれぞれ大きくなるため覚えておいて損はない。

総じて他レジェンドよりダメージでのアドバンテージを取りやすく優秀なアルティメットだがあくまで戦闘中や戦闘直前.逃げの瞬間に限った話である。
ダメージはシールドにしか入らない為このUTL単体では絶対にノックダウン出来ない上、EMPを打っても此方が攻めこまない限りセル2個orバッテリー1本を消費させるだけである。
アーマー進化用途でないならEMPを打つ際は攻めるか逃げるか事前に決めておこう。EMPを打って膠着状態になる事は非常にもったいない

レジェンドアップグレード Edit

レベル2アップグレード戦術クールダウン+
戦術アビリティのクールダウンが10秒短縮する。
アルティメットクールダウン
アルティメットのクールダウンが30秒短縮する。
レベル3アップグレードネットワークエクスパンション
ニューロリンクとEMPの効果範囲が25%拡大する。
ネットワークトラフィック
ドローンを展開し、エリア内の部隊を特定する。*3

装飾 Edit

格闘 Edit

レア名称入手方法条件
SLビウォンブレードApexパックスーパーレジェンドシャードストア参照
SLドゥルミブレードApexパックスーパーレジェンドシャードストア参照

スキン Edit

 クリックで一覧表示
 クリックで一覧表示

バッジについてはバッジページ参照。

エモートホイール Edit

 クリックで一覧表示

フィニッシャ― Edit

レア名称入手方法備考
SLフェイタルエラーApexパックスーパーレジェンドシャードストア参照
Lドローンスキャンクラフトメタル.png 1,200
C資産調達-初期設定

メディア Edit

Youtube

Twitter

The truth will set you free. And keep you grounded. 解説は壊されし亡霊を参照。
Reflections.

関連項目

コメント Edit

【過去ログ】
Vol1

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • コメント欄を発見。2ページ目だ。 -- 2024-02-13 (火) 18:35:50
    • やったぞ、良い準備の成果だ -- 2024-03-05 (火) 18:38:20
      • いい目をしている -- 2024-03-06 (水) 12:32:04
  • ページ追加感謝する EMPを食らう際にアーマーを脱げば、アーマーに一切ダメージが入らないバグと思われるものが発生しているらしいんだが、ほんまか? -- 2024-02-15 (木) 11:13:36
    • 昔も同じことがあったけどすぐ修正されたからアプデミス…だと思いたい -- 2024-02-15 (木) 17:08:42
      • 今の仕様だとシールドコアの色ってゲージの色に対応してるから、落ちてるシールドコアにダメージが入るとシールドコアの色が変わることになるんだよね。だからダメージが入らなくなったのだと思う。どう変更されるんだろうね -- 2024-03-06 (水) 15:44:05
  • ドローンでスライドドアが開閉できるように修正されていました。 -- 2024-02-15 (木) 12:04:01
  • ネットワークエクスパンションでドローン索敵範囲40m -- 2024-02-15 (木) 22:57:15
  • 「バグがあるな……修正してやろう」なお本人はバグ塗れな模様 -- 2024-03-08 (金) 22:05:24
  • wiki編集のやり方が分からなくて申し訳ないですが、調整履歴のシーズン20に本体バフ(ドローン回収速度、切り替え速度の向上)が記載されていないようです。 -- 2024-03-09 (土) 09:45:10
    • 報告ありがとうございます、追記させていただきました。 -- 2024-03-09 (土) 10:36:19
  • ドローン展開→最速empの為移動させながらemp→クリプト本人も遮蔽から移動してる みたいなのが結構起こるんだけどどうにかならんもんかね… -- 2024-03-15 (金) 07:08:53
  • コントロールでわちゃわちゃしてるとこを空撮すると味方が急に強くなって敵全滅させるのおもろい -- 2024-03-15 (金) 23:54:20
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント内に改行を入れる行為や、名前欄にハンドルネーム(「ハード名」「木主」「age」等以外)を入れる行為は禁止されています。
コミュニティ運用ルールをよく読んだ上でご利用ください。



*1 ワットソンには自分から明かした。OVERTIMEではクェンティン・ウィリスがミラージュとレヴナントの前でクリプトを本名で呼ぶシーンがある。
*2 移動速度-50%、視点移動-70%、残り1秒から徐々に回復
*3 ドローンを展開した時、バナーに対してのシグナルと同じ効果が発生する。ドローン操作切り替えでは発生しない。

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS