Top > ジャンプマスターをやってみよう

ジャンプマスターをやってみよう
HTML ConvertTime 0.090 sec.

ジャンプマスターをやってみよう Edit

ゲームの初動を大きく決めるドロップシップ降下。
しかし慣れないうちはどこに降下すれば良いかわからなかったり、責任が大きそうでほかの人に任せてしまいがち。


実のところ、ジャンプマスターの責任なんてものはあってないようなものです。
このゲーム、上手い人が集まっていても死ぬときは簡単に死にます。何百キルもしているチャンピオンが開始3分未満で死ぬのもザラです。
一区画に12人が集まり、誰も引き際が掴めなかった結果、素手の殴り合いで8人ほど昇天する事すらあります(ありました)。
そして、現状の本作はプレイヤー数が多い=マッチングが早く終わり、すぐに次のゲームが始まります。
降下の正否は確かにゲームの勝敗を決める事があります。かといって「あのジャンプマスター恨んでやる」と思う人はまずいません。
どんなにいい着地を決めても初動は半ば運ゲー。戦犯を探すだけ時間の無駄だからです。


初心者は出来るだけ早期にゲームに慣れていくため、ジャンプマスターになった時は「失敗してもいいや」位の感覚で降下する事をお勧めします。
慣れたチームメイトなら「あーこりゃマズイ場所に降りるな」と思ったら単独降下に切り替え、違う場所に降りていきます。


シーズン7での仕様は、レジェンド選択画面でレジェンドを選択した人がジャンプマスターになる。
誰もレジェンドを選択しなかった場合は、ランダムでジャンプマスターが決まる。

降下操作の復習 Edit

降下操作pc.pngps4.pngxboxone.png
加速W左スティック↑
減速S左スティック↓
進行方向マウス右スティック
離脱・単独降下E/左Ctrl□長押しX長押し
マップ確認Mタッチパッド
シグナル発信マウスホイールR1RB
ミラージュのデコイ生成Q×A
フリー視点マウス右L2ホールドLTホールド

画面中央の照準点に向かって飛行します。降下中はジャンプマスターの速度と高度が表示されています。
下を向いて加速操作を行うと増速。地面と平行に滑空している(前を向いて飛んでいる)状態では次第に減速します。


降下中の部隊は色とりどりのスモークで装飾されています。
フリー視点用ボタンを押し続けることで、進行方向をロックしたまま視点を動かせます。コースが安定したら他の部隊を索敵しましょう。

基本的にどのような場所でも降下できますが、地上からは侵入できない高所に降りた場合、30秒以内に降りないと死亡します。


ドロップシップ軌道から離れている場所に飛びたい場合 Edit

遠くへ飛びたいときは、下向き加速で140km/hあたりまで増速してから滑空状態に移りましょう。
125~120km/hまで減速してきたら下降増速で140km/hに戻し、再び滑空体制に移る。これを繰り返せば着地高度によりますが1400m前後は飛べます。
俗にウェーブ降りといわれるテクニックです。このゲームではマップがさほど広くないのでこのテクニックを習得していると大体のところに降りられます。
この加速・減速を利用したテクニックを利用しない滑空距離は概ね800m前後程度に収まります。

ドロップシップ軌道に近い場所により早く着地したい場合 Edit

4/16のパッチにおいてドロップシップの移動速度の大幅な上昇及びジャンプマスターの降下仕様に修正が入ったため、
落下水平移動速度をドロップシップの水平移動速度が上回る形になりました。
そのため、より早く着地するには出来るだけ落下の速度を垂直ベクトルに向ける必要があります。
また落下最高速度は限界があり、最高速度近くになればなるほど水平移動速度が大きく失われる形となるため、
現状では大まかに「目的地に対して450~600m前後の距離にほぼ直線的な落下軌道を取り、速度を147程度を維持する」ことで
より素早く着地する事が出来ます。
目標着地地点の海抜高度が高い場所であればより近く(450m程度)、海抜高度が低い場所であればより遠く(600m程度)から飛ぶ形で素早く着地できます。


絶対にやってはならないこと Edit

即死する場所へのジャンプ Edit

退避警告(30秒以内に離れないと即死)が出るだけの場所ならまだいいでしょう。行動が遅れますがゲームは続行できます。
明らかに「落ちたら戻ってこれないな」という場所は、大体落ちると死にます。問答無用の即死です。
集団自殺にしかなりませんし、道連れになりかねないとチームメイトが気付いてくれる保障はありません。
平地か、建物の上にしっかりと着地しましょう。
KINGS CANYON:マップ端の崖下(即死)。落ちる場所が多いため、マップ端に降りる場合は注意が必要。
WORLD'S EDGE:ハーベスターの赤い火の柱(即ノックダウン)。この付近で降下するとチームメイトが火柱に触れてノックダウンがあるので注意。
 崖下に溶岩がある地帯は即死こそしないが、スリップダメージ(テルミットグレネード被弾中に近しい)を受けながら地上に戻されます。その間無防備なので注意。
OLYMPUS:崖下(即死)。KINGS CANYON以上に落下死ポイントが多いため、降りる場所には特に注意が必要。

ジャンプしない Edit

ジャンプせずにドロップシップが反対側まで到達すると強制降下を始めます。ちゃんとジャンプしましょう。
いきなり権限が委譲されて自分がジャンプマスターになっていることもありますので、別の人になってるからいいや、とよそ見したりしないようにしましょう。

着地ポイントの選定のコツ Edit

降下開始のタイミング Edit

まず、いつ降りるかという問題があります。毎回ドロップシップの航路はランダムで、例えば前回別の人が降りた場所に降りたいと思っても距離が遠くなったり近くなったりします。
このゲームをやっている方は降下可能になったタイミングで即ダイブする方が多いですが、絶対そうしなければいけないと言うことはありません。後述のウェーブ降り等のテクニックを使えば遠いところまで飛べたりしますが、自信が持てないうちはドロップシップが降下したいところに近づくまで待っていても全然問題はありません。

ティアレベルの上下 Edit

マップは各エリアごとにティア(Tier)が設定されています。マップ名の下に「ミッドティアエリア」とか「ハイティアエリア」とか書かれているあれです。
ローティア(これだけは画面表示なし)ならライトアモ銃(ピストル・SMGなど)やショットガンなどが多く見つかり、ハイティアならヘビーアモを利用するウイングマンやヘムロック等、高性能なものが落ちている傾向にあります。
具体的な箇所はマップKINGS CANYON参照。


当然ながらティアが高いエリアに降下し、うまく武器を確保できれば初動が非常に有利になります。
しかし、当然ながらハイティアエリアは人気が高いため、ルートポイント(アイテムの場所)がある程度理解できている場所を選びましょう。
ティアを覚えていないうちは、雰囲気で気に入った場所に下りてみましょう。何事も実地体験です。

エリアティアの連続性 Edit

ティアが高い地点では戦闘が頻発しやすいので、銃が拾えなかった場合に不利になります。
そういう場合にはいっそのことエリアから撤退し、ほかのエリアに物資を探しに行ったほうがよい場合があります。
その際は、隣接するエリアがミッド~ハイティアエリアであれば、より初動のリカバリーがしやすくなります。
初期行動はアイテムの質よりも銃・アーマーを確保する事が大事なため、多少のティア差よりも、安全なアイテム確保を優先しましょう。

エリアのルートポイントの多寡・密集率 Edit

エリアごとにルートポイントは固定で設定されていますが、ポイント同士が大きく離れていたり高低差が有る場合は回収時間が長くなります。
その場合は着地前に分散して降下すると収集効率が良くなりますが、不意の戦闘が起こったときは人数差で負けます。
よしんばお互いに銃を確保できなかったとしても、右フックと飛び蹴りで文字通り袋叩きにされる可能性もアップします。


逆にポイントがある程度固まっていると、まず全員分の武器(最悪グレネードだけでも)が確保できるので、固まって着地してもすぐに戦闘を開始する事が出来ます。
その反面、一箇所から四方に散る動きになるため、収集効率は下がる傾向にあります。


敵がいるかどうかをしっかり把握して、収集効率を取るか密集して敵の排除を取るかを考えましょう。
「スピットファイア+素手+素手」の部隊と出くわしても、こちらが3人ともピストルを持っていれば簡単に排除できます。まずは質より量です。

エリアの広さ Edit

エリアの広さはチームが選択したレジェンドの相性にも大きく影響します。
接近戦が多い入り組んだエリアや高低差が大きいエリアではブラッドハウンドやパスファインダーなど、
開けた場所での戦闘が想定され、隠れる余裕があるポイントではライフラインやジブラルタル等が有効です。
チームの選択状況を見て、広さと相談して位置を選択しましょう。

ホットゾーン Edit

index.jpeg

降下時に青いマーカーで示されるホットゾーンは注意が必要です。
ホットゾーンには全て最上級アタッチメントが装備されている「フルキット武器」が落ちている場合があります。
大変強力ではありますが、反面競争率も高く、また競争に勝てるだけの腕前を持ったプレイヤーが集まりやすい場所でもあります。


厄介なのは、ホットゾーン圏内だけではなくその周辺も同じです。
フルキット武器をもったプレイヤーがキルされた場合、倒したプレイヤーはほぼ間違いなくそれを拾って使用するでしょう。
かなりの確率でフルキット武器を手にした部隊が生き残り、他のゾーンへの移動を開始します。
強力なフルキット武器持ちと交戦になるリスクを避けるため、ホットゾーンに直接降下しない場合、ホットゾーンの周囲には近寄らない方がいいかもしれません。

リスキーな選択の理由とプラン例 Edit

他のグループがいるのにダイブする Edit

ほかのグループが向かったポイントにあえて行く事には、いくつかの理由があります。
予めアイテム位置が分かっており、先にその位置にピンポイント着地できる見込みがある場合は、先取した武器で非武装の敵をやっつける事が出来る場合もあるからです。


レジェンド編成においても、接近戦・室内戦特化であればローティアエリアでも優位を得られますし、
機動戦に強い編成であれば一方的に高所を取って撃ち下ろせるし、
持久戦に特化した編成であれば初期の弾事情の悪さもあいまってじわじわと有利に立てます。


後発は、先発組よりも上空からの視界を得てから行動できる為、情報と位置関係で有利な動きが出来ます。
典型例は樹木が生い茂っている沼沢。上からは見えるが下からは見えないという事が良く起こるハイティアエリアです。
後発は敵が居ることを確認しつつ、集団で一箇所に降りて接敵を回避し、銃をかき集めて奇襲・強襲する戦法が使えます。

ホットゾーンダイブ Edit

戦闘に自信がなくても、先に強力な武器を取って有利に立とうとする博打としてホットゾーンにダイブする人もいます。


その際に最も大事な事は引き際です。フルキット武器を手に入れて早期に強くなっても強さには限界があります。
自分の愛用武器を手に入れた場合、その時点でホットゾーン外に逃走を開始する判断も必要です。
チームメイトには出来ればボイスチャットで、無理ならシグナルを連打して逃げる事をアピールしましょう。


ホットゾーンに居座る事にあまり意味はありません。
ホットゾーンは「強いアイテムが置いてある」だけでしかないので、アイテムを拾ったら長居せずに離脱しましょう。
フルキット武器を手に入れられなくても、自分にとって優先度の高い武器を拾ったらさっさと撤収する、というのでも十分です。

サプライシップダイブ Edit

マップを見ると、空中をとんでいる巨大な船があります。これがサプライシップです。
何があるんだろう、見てみたい! と思う気持ちは分かりますが上記のホットゾーンほどいい物は落ちていませんし、そもそも移動目標に着地するにはそれなりの技術が必要とされ、極端にリスクが高い選択であることは覚えておきましょう。
サプライシップ狙いは、着地自体がそれなりに慣れていないと先手を取って着地できない事、また内部の戦闘でダウンした場合復帰がとても難しい事、更にはアイテムを確保した場合でも、シップが停止するか完全に競合相手を排除するかしないと脱出するポイントがシップの航路上にバラバラになってしまうことなどがあり、完全な勝利(独占)以外での決着が不利になりやすい選択となっています。

サプライシップは一定時間が経過するとどこかに着陸し、ジップラインで固定されますので敵がやってくる可能性があるため着地前に移動しましょう。籠城などには向かない構造をしているので長居は無用です。

気軽にやろう、ジャンプマスター Edit

以上の内容が絶対というわけではありません。ジャンプには決まったセオリーや方法論はないのかもしれません。
何度もジャンプして、他の人のジャンプを見て、ここがよさそうだというポイントを自分の中で持っていれば、チームメイトはそれにあった動きをしてくれます。
どうしてもメンドクサイなら他人に譲渡するのもいいけど、何事もやらないと「見えてこない」ものです。
諦めずに挑戦することが自分の為になるゲームデザインなので、気軽にジャンプマスターをやりましょう。

コメント Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • 編集乙。まあ本当にジャンプが不安なら謙譲するって方法もあるけどね -- 2019-02-15 (金) 00:32:38
  • 書いた人なんだけど、このページは「初心者でもジャンプマスターを積極的にやろう、やらないと分からない」っていうページなので申し訳ないんだけど権限移譲に関しては省かせてもらう形とします。権限移譲に関しては初心者ページで解説したほうがいいと思う -- 2019-02-15 (金) 22:50:47
  • ゲーム初めてすぐはびびって譲ってたけど、何にもない平原の真ん中とかに降りなければ別にどこでもいいと気づいてからは気楽になったわ -- 2019-02-20 (水) 02:17:49
  • すげー後になってジャンプマスター譲渡するくらいなら適当な場所に飛んでくれたほうがありがたいぞい -- 2019-02-23 (土) 00:03:24
    • 分かるわ。変なところに降りられてもしょうがないかってなるけど、map半分行ったところとかで渡してこられたらイラっとするしそういう時はワザと変なところに降りるわ -- 2019-02-27 (水) 14:12:16
      • 俺も最後あたりで渡されて慌てて落ちた -- 2019-02-27 (水) 15:34:01
  • 野良だと時々降りる場所の希望が通らないと発狂する奴がいるが気にしてはいけない。あくまでもマスター以外の二人は希望しか出せない。2分位作戦会議できる時間があるならともかく、短時間で自分の思う通りに降りてくれると思うやつがアホである。 -- 2019-02-27 (水) 17:09:14
  • コースティックなどはサプライシップの武器を素早く取って船内で籠城出来るがやはりキルを取るぐらいしかメリットがないし船上で武器を整えて降りられる場合もあるので書かない方がいいか -- 2019-03-04 (月) 11:40:22
    • 一人でシップに降りて無事で居られるような場所でもないので味方の視界妨害して怒られるのがオチじゃないかと。 -- 2019-03-04 (月) 13:12:36
    • クールダウンを考えると籠城とまではいかない薄っぺらい城になるのがオチだし完璧な配置にできる頃には誰も船に居ないという。 -- 2019-03-04 (月) 13:28:06
  • 降下した瞬間の向きって自分で決められる?即降りして真横向いてたらもう絶望なんだが。 ps4 -- 2019-03-21 (木) 02:06:24
  • よく扉や壁から体出したり引っ込めたりして左右に動いてる人いるけどあれなんなん?目立つしスナイプの的だし。 -- 2019-04-15 (月) 15:14:24
    • ぼっ立ちでぼんやり外や曲がり角見てたらスナイプの的になるからだよ このゲームは遠景のシステム上動こうが動くまいがブッシュに隠れでもしないと滅茶苦茶目立つから最低限見られるタイミングと被弾面積減らしてるだけ あと質問するコメント欄完全に間違えてるぞ -- 2019-04-15 (月) 15:58:23
  • 編集者さんから特に返事がなければ元に戻すつもりでいるんだけど、上にも書いてあるけど横線入れたのは「遠くに下りる方法」であって「早く降りる方法ではない」よね?遠くに降りる方法は他に記載がないから横線入れるのは妥当ではないと思うんだけど -- 2019-09-20 (金) 13:57:01
  • 遠距離ジャンプに自信が無い人は、イベントのソロモードで練習してみてね! -- 2019-10-19 (土) 05:51:46
  • ジャンプマスターは目標地点に最低限シグナル置いてほしい。どこ狙ってんのかわかんねえと不安だよマジで -- 2019-10-26 (土) 04:34:24
  • カジュアルとランクマで降下距離違うのってどこかに書いてます? -- 2020-03-02 (月) 18:24:10
    • どういう事? -- 2020-03-02 (月) 19:45:50
  • 「ジャンプマスター やり方」で検索したらここが最初に出てくるけど何ボタンで降りだすのか分からん。他のページも譲渡の仕方とかばっかりだし。それ以前に降りたい場所に降りれない。 -- 2020-04-16 (木) 12:25:36
    • 初期設定ならPCならEキー、PS4/Xboxなら〇/Bボタンだったかな? というよりはジャンプマスターのとき画面真ん中下に降下のキー/ボタンが表示されているはず。他の人の降り方をみたりして学習するといつかできるようになる -- 2020-04-16 (木) 15:06:35
      • まあ操作説明のキーコンフィグ書いてるなら降下開始入れても良いかなとは思うけど、降下開始時にデカデカとボタン表示して教えてくれてるのに分からないという人はこの木主だけなんじゃないかな… 1回でもプレイして画面見たら分かることを知ってて当然は良くない!って言われてもな -- 2020-07-05 (日) 02:05:03
  • ダイブ軌道有り無しでジャンプの速度変わりますか? -- 2020-04-16 (木) 23:07:49
    • 変わらない。完全に見た目だけの変更。速度が変わるバグやチートがあるかまでは知らない。 -- 2020-04-16 (木) 23:46:48
      • 教えて頂きありがとうございます! -- 2020-04-17 (金) 06:41:58
  • 昔は降下前に場所決めてピンも刺してたけど、今は大雑把な方角だけ決めてピンも刺さずに降下中にフリールックで忙しなく他部隊の軌道見ながら居ないとこ降りてるな -- 2020-05-30 (土) 18:43:37
    • 野良でピン刺すと他プレイヤが早い段階で単独降下したりして、JMが周りの降りみて目的地変更してもついてこれないとかあるしな、降りるポイント確定するまでピン指さない方が良い -- 2020-05-30 (土) 18:51:10
  • ジャンプマスター権は完全ランダムにしてやりたい人は立候補制にしてほしい -- 2020-10-23 (金) 16:39:57
  • Steamの実績見てたらレベル50より5回ジャンプマスターのほうが少なくてビビる -- 2020-11-08 (日) 23:50:33
    • この世はダチョウ俱楽部だらけ -- 2020-11-12 (木) 02:36:13
  • JMになった味方がたまに170㎞とか出してるのを見るんだけど、あれってバグかチートですかね。自分じゃ直角降りの150越えくらいがやっとなんだけども -- 2020-11-14 (土) 20:33:47
    • 他の人が降下してるときはそのあたりの数値が同期されてないっぽいから実際は出てないはず -- 2020-11-18 (水) 20:38:37
  • ジャンプマスターが回って回って自分が3人目で受け取った時に1番手に返してやろうかって思うことない?俺だけ? -- 2020-11-12 (木) 11:35:02
    • 俺はいつも返してるよ。強制射出されるまでJMたらい回しになるのを期待してるんだけど今のところ1巡したら元のJMの人が素直に降りてる -- 2020-11-12 (木) 11:48:54
      • 俺もジャンプマスター返すといつも一人目が飛んでいくからだったら回すなやって思ってしまう -- 木主? 2020-11-12 (木) 13:05:08
      • 一周したら回せないんじゃ…? -- 2020-11-18 (水) 13:04:15
      • 回せるよ -- 2020-11-18 (水) 20:37:27
      • JM他人に回す時は「俺は進んでやりたくないけどやりたい奴いる?」ってノリで回してるから戻ってきたら「しゃーないやるか」ってやってる。だから3人目が戻してきても全然かまわないし、JMやるよ。下手くそだから責任は取らんがな -- 2020-11-20 (金) 18:36:42 New
    • レジェンド選択画面でレジェンドを選択するとジャンプマスターになるよ。 -- 2020-11-21 (土) 16:20:09 New
  • 誰もレジェンド選ばないとランダムでJM決まるって部分、マッチしたメンバーが全員ソロだと完全ランダムだけど2PT+ソロだとソロか2PTのホストのどっちかになって、ドロップシップ内でJMパスするとJMにならなかったもう片方にJMが必ず渡って、3PTだとホストが必ずJMになるっていう追記はくどいかね -- 2020-11-22 (日) 17:50:18 New
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント内の改行や固定ハンドルネーム(ハード名・木主以外)は禁止されています。
コミュニティ運用ルールをよく読んだ上でご利用ください。