Top > レヴナント

レヴナント
HTML ConvertTime 0.086 sec.

レヴナント.jpgキャラクター名レヴナント
英字表記Revenant
本名不明*1
年齢313
帰るべき世界ソラス
パッシブアビリティストーカー
戦術アビリティサイレンス
アルティメットアビリティデストーテム
実装日2020/02/04(シーズン4開始時)
日本語版ボイス不明
英語版ボイスDarin De Paul

「肉塊よ、私はあの世を見たことがあるが、何もない。お前には何もないのだ」


人造の悪夢
レヴナントはかつて人だった。かつてマーシナリー・シンジケートが誇る最凶の殺し屋だった。
鏡を覗き込めば、過去に思いを馳せる人の顔をした自身の姿を見ることができた。
しかし、時を経てあらゆる状況が一変する。彼のプログラムに機能不全が発生。
レヴナントはマーシナリー・シンジケートとハモンドロボティクスが彼に何をしたのか、真実を知ってしまう。
その目に映ったのは、鉄と皮だけの生ける悪夢と化した変わり果てた姿だった。
雇い主たちは彼を幻影として復活させ、幾度となく死の淵から引き戻し、その事実を忘却するようにプログラミングを施していたのだった。


こんな姿にした奴らを1人残さず狩り尽くすと誓いを立てたものの、あれからもう2世紀以上が経過していた。
復讐の対象はすべて死に絶えた…そう彼は思った。そんな折、ハモンドロボティクスがアウトランズに再進出し、彼は復讐心を新たにする。
奴らに関わりがあれば対象とみなし、そのすべてが絶命するまで歩みを止めることはない。
もちろん、邪魔立てするのであればレジェンドも例外ではない。
殺し屋には理由が必要だった…しかし、今はそれすら不要だ。


[調整履歴]

  • 2021/12/08
    • デストーテム使用中にスカイハイダイブを使用するとバグ状態になる問題を修正。
  • 2021/09/15
    • 視覚効果(ローバのウルトの位置表示と似たもの)を追加し、トーテムを近くに置いた際の視認性が向上。
  • 2021/08/04
    • デストーテムのプロテクションが終了間近になると、他のプレイヤーに見えて、聞こえるような視覚、オーディオの合図が表示されるようになりました。
    • デストーテムに引き戻された後、一時的に速度が低下する仕様を追加しました。

 ←過去の調整履歴

解説・設定 Edit

[公式]https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/characters/revenant
2020年2月4日、シーズン4より参戦予定だったフォージを暗殺し、代わりに参戦した12人目のレジェンド。
Hammond Robotics社によりロボットにされた。simulacra(偽物、似姿)とは人間の心をロボットに注入する技術のこと。


しゃがみ・壁登り強化、アビリティ封印、死亡保険、と戦闘に強いアビリティが揃う。
音もなく忍び寄る、高所に対し想定外のアプローチをかけるなど奇襲性能に長けているが、後者に関しては彼の専売特許というわけでもなく、逃走に使える手段がないので見つかってしまうと不利な状況を覆すのが難しい。単独でも敵を倒しきるAIMや乱入を避ける立ち回りなどが求められる。


性格は傲慢で横柄。「ありがとう」の一言すら言わない。
他のレジェンド達からの風当たりも強く、嫌われ者・厄介者として描かれている無慈悲な殺人マシーンである。その中でもローバからは明確な敵意と復讐の対象にされている。
重めの過去を持っているが、割とよく喋りよく煽り、「女子会のテーマ」や「友人・家族割引」といった独特なユーモアを持つ。
性格に反してチームメイトを助けることは勿論可能であり(そうでないとゲームが成り立たないので)、その際には「お前のためにやったのではない」といった台詞を言う。


 彼を造ったHammond Robotics社について。

パッシブアビリティ Edit

passive-revenant.pngストーカー
Stalker
しゃがんだ状態での移動が速くなり、より高い壁を登ることができる。
  • しゃがみ移動が通常の移動と同速になりしゃがみのデメリットがほとんど無くなる。しゃがみ歩き以外に足音を小さくする方法がないので、より隠密性の高い行動が可能になる。
    本作のしゃがみ撃ちは、自分の当たり判定を小さくしながら高精度な腰だめ撃ちができる代わりに移動速度が減少するが、そのデメリットを無視できる。
    ただし、レヴナントに限らずしゃがみは相対的にヘッドショット判定が大きくなるので注意。立ち・しゃがみを上手く使い分けよう。
  • 高い壁に登る能力は、壁に張り付いて登れる時間が他キャラの8倍程度となる。登り自体の速度や硬直時間は変化しないので注意。
    最大高度は約30mといったところで、おおよそ4階建ての建物を登りきれる。壁から離れる→壁登りを繰り返して壁に張り付き続けることも可能。
    登り時間にかなりの猶予があるため、壁を登る時ただ垂直に登るのではなく斜めにジグザグに登るといったこともできる。
     高さ比較

戦術アビリティ Edit

tactical-revenant.pngサイレンス
Silence
敵にダメージを与え、一時的にアビリティを無効にするデバイスを投げる。
チャージ数2
リチャージ(1チャージ毎)25 s
ダメージ10
アビリティ封印時間15 s
当たり判定持続時間10 s
発動からリチャージ開始まで0.1 s
  • アビリティボタンを押している間は軍需品のように弾道ガイドが表示され、離すと発射する。発射態勢は格闘攻撃、回復アイテムの使用でキャンセル可能。
  • バンガロールのスモークと同じく、2発までストックできる。射撃・回復・リロード・グレネードと同時に使用できる。
    回復との同時使用は回復アイテムを使用して回復中にサイレンスを構えること。順番を逆にすると構えたサイレンスがキャンセルされて回復を始める。
  • ヒットした敵に10ダメージと「アビリティの使用を中断し、15秒間アビリティを使用できない」を与える。
  • 着弾地点には10秒間判定が残り、それにヒットした敵にも10ダメージとアビリティ封印を与える。味方に当たった際はその場に残ってしまうので射線に注意。
  • 封印中に別のサイレンスを受けた場合、再び15秒封印される。(+15秒ではない)

既に投擲・設置された設置物や一時強化系のアビリティなど効果が適用されているアビリティは無効にならない。
ただし、一部のアビリティに対しては中断あるいは無効化させる効果を持つ。

 アビリティの挙動(ペンボタンで編集可能。追記求む)

解説

射程の長さを生かして撃ち合いの前に敵にぶつけたり、近~中距離での撃ち合い中に追加ダメージを与えつつ相手のアビリティを封じる戦法が強い。
レイスパスファインダーのような逃げアビリティを持つ敵にはよく刺さる。ジブラルタルの硬さを担うガンシールドを無力化できるのも大きい。
攻めだけでなく、ドアや通路などに着弾させることで簡易トラップ兼センサーとしても使える。

アルティメットアビリティ Edit

ultimate-revenant.pngデストーテム
Death Totem
プレイヤーを死から保護するトーテムを設置する。キルやダウンを回避するかわりに、トーテムに引き戻される。また、デスプロテクションが発動中はアーマーが無効になる。
リチャージ180 s (トーテム消滅からリチャージ開始)
デスプロテクション有効時間25 s
デストーテム耐久値100
デストーテム持続時間30 s

ultボタンを押すと前方にデストーテムを設置する。設置系アビリティにしては珍しくultボタンを押すだけで設置されるので誤使用には注意。
味方/敵問わず、設置されたトーテムにアイテム拾得と同じ入力を行うことで「デスプロテクション」が有効となる。
25秒経過するかトーテムが破壊されるかするとデスプロテクションは解除される。

  • 効果中は使用者の見た目と体力バーが黒ずんだ色に変化し、残り時間がアルティメットアビリティのUIの横にサークル状で表示される。
    Activate protection.png
  • 効果中は回復アイテムを使用できず(デスボックスからのシールド交換は可能)、ダメージはシールドの代わりに体力で受けるようになる。
    体力が0になると、ダウンする代わりにトーテムを使用した場所に引き戻される。(トーテム使用時の体力が50以上の場合は体力50で、それ未満の場合は発動時の体力で)
    カメラ視点もトーテムを使用したタイミングと同じ状態になる。
  • 効果中にクリプトの「ドローンEMP」を受ける場合、シールドの代わりに体力でダメージを受ける。ただしEMPはトーテムを破壊できない。
  • シールドが無視されるためP2020モザンビークのホップアップ「ハンマーポイント弾」のダメージ上昇効果が有効になり、大ダメージを受けるようになる。
  • デスプロテクションの効果が残り5秒になると警告音を発する。これは周囲のプレイヤーにも聞き取れるので効果時間が残り少ないことも知られてしまう。
  • 設置してから30秒経過するか、30秒経過後すべての使用者のデスプロテクションが解除されるとトーテムは消滅する。
  • デスプロテクションを受けられるのは一つのトーテムで一度だけ。引き戻されたときにまだトーテムが残っていても二度目は発動できない。

解説

突撃の保険として使用したり、ジャンプパッドジップラインといった移動アビリティと組み合わせて遠くの部隊を強襲したり、と攻撃性の高いアビリティ。
反面、一時的に体力のみで戦うこととなるため、迂闊に複数の射線に入ればあっさり溶かされて時間と回復アイテムを浪費するだけになる。


リング外に置き去りになった仲間のバナーを回収するという使い方もある。特にダメージが大きくなるラウンド3以降は確実に効果時間内に体力が0になるので片道切符として有効。
ラウンド3で約15秒、ラウンド4~5で7.5秒リング外にいられる計算になる。この時間で到達できる距離は下り坂を考慮しない場合約100m/50m程度。リングの縮小度合いは330~380m→200m→100m→50mなのでバナーのある場所や地形にもよるがある程度は回収可能だろう。


トーテム発動時やデスプロテクション起動時の効果音が大きく、発動時のエフェクトも相まって、敵の近くで使用すると発動が察知されてしまう。
引き戻された際にもワープエフェクトが発生するため、トーテムの方向がある程度把握されてしまう可能性もある。


設置場所にも注意が必要。トーテムが破壊された時点でプロテクションが解除されるため、破壊されると退路の無い最前線に残されるハメになる。
耐久値は100と設置物にしてはそれなりにあるが、派手なエフェクトで目立ちやすい。
他部隊の横槍や待ち伏せを避けるためにも、トーテムは破壊されにくい場所に設置することが望ましい。自分の攻撃でも破壊できるので、敵に悪用される可能性がある時は速やかに破壊するのも選択肢。
リング外にトーテムを設置した場合、戻ってもリングダメージによっては即座にダウンしてしまう危険性がある。


効果中に減った体力は引き戻されなければそのままである。例えば体力100で起動し10で効果終了したとしても10のままであり、50に戻るわけではない。
敵が格下でなければ大抵は一度トーテムに戻される事になるので意識の必要は薄いが、体力が50未満でデスプロテクションが切れそうなら自爆するのも選択肢だ。
グレネードもしくはリング外ダメージを使って自爆する以外に自力でトーテムへ戻る方法が無い点に注意。

 余談

装飾 Edit

格闘 Edit

レア名称入手方法条件
SLデッドマンズカーブApexパックスーパーレジェンドシャードストア参照

エモートホイール Edit

 クリックで一覧表示

フィニッシャ― Edit

レア名称入手方法備考
L緊急シャットダウンクラフトメタル.png 1,200
C即座の決断-初期設定

メディア Edit

Youtube

Twitter

A fate worse than death.

コメント Edit

【過去ログ】
Vol1

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 移行 -- 2022-04-22 (金) 16:34:28
    • 感謝はしないぞ(どうもありがとう) -- 2022-04-23 (土) 00:26:32
  • んー、初期の範囲っていう制約をマイルドにして実装するのはどうだろう、範囲外に出ると復帰時のHPが1とか、範囲外に出ると徐々にダメージとか…それは自爆の手間が省けて逆に強いか -- 2022-04-29 (金) 22:06:49
  • 【悲報】レヴナントさん、バンガロール里帰り取りやめにガチギレ -- 2022-05-12 (木) 05:53:10
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント内に改行を入れる行為や、名前欄にハンドルネーム(「ハード名」「木主」「age」等以外)を入れる行為は禁止されています。
コミュニティ運用ルールをよく読んだ上でご利用ください。



*1 「APEX LEGENDS パスファインダーズ・クエスト」でのパスファインダーによる推定ではKaleb Cross(ケイレブ・クロス?)となっている

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS