Top > ゲームの流れ

ゲームの流れ
HTML ConvertTime 0.070 sec.

ゲームの流れ Edit

1.レジェンド選択 Edit

初めに、部隊メンバーが1人ずつ操作レジェンドを選択する。
選択されたレジェンドは、他のメンバーが選択できなくなる。
選択時間は1人10秒。時間内なら何度でも選びなおせるが、10秒経過するとお気に入り設定したレジェンドが自動選択される。
(選択済の場合、ランダム選出)


レジェンド欄にカーソルを合わせておくと、そのレジェンド欄には自分の選択番号が表示される。
使いたいレジェンドがあるなら、あらかじめカーソルを合わせて無言のアピールをしておこう。
逆にどれでもよかったり、他のメンバーの選択に合わせて選ぶなら、滅茶苦茶にカーソルを動かして番号を散らすとわかりやすい。


無言(無カーソル?)でいきなり選ぶよりは、ある程度カーソルで意思表示をしておくといい。
地味ながらチームの連帯感が強まる。
必須レジェンド(このレジェンドが居ないと絶対に勝てない)というレジェンドはルール上設定されていない。
自分がプレイしたいレジェンドを好きに選んでプレイしよう。

現在選択できるレジェンドは下記のようなもの。一部のレジェンドはゲームをプレイしていくと徐々にもらえる「レジェンドトークン」によってアンロックする必要がある。
一度アンロックすれば回数制限などはなく、何度でも選ぶことが出来る。


名前特徴アンロック価格名前特徴アンロック価格
ブラッドハウンド.jpg
ブラッドハウンド
壁越しに敵をサーチしたり、敵の痕跡をたどる事ができる。購入不要コースティック.jpg
コースティック
ガスによる範囲攻撃を行うことができる。レジェンドトークン.png 12,000
ジブラルタル.jpg
ジブラルタル
盾を展開してチームの身を守ることができる。購入不要ミラージュ.jpg
ミラージュ
囮を走らせて敵の気を引いたり攪乱できる。レジェンドトークン.png 12,000
ライフライン.jpg
ライフライン
チームを回復したり、補給物資を要請できる。購入不要オクタン.jpg
オクタン
薬物で加速したり、チームを大ジャンプさせることができる。レジェンドトークン.png 12,000
パスファインダー.jpg
パスファインダー
ワイヤーによって3次元機動を行ったり、好きな場所にジップラインを設置できる。購入不要ワットソン.jpg
ワットソン
電磁柵を設置して敵の移動を妨害したり、投げ物を撃墜してチームを援護できる。レジェンドトークン.png 12,000
レイス.jpg
レイス
一時的に完全無敵になったり、ほかのプレイヤーをワープさせたりできる。購入不要クリプト.jpg
クリプト
ドローンによって広域監視をしたり、EMPで敵を弱体化することができる。レジェンドトークン.png 12,000
バンガロール.jpg
バンガロール
煙幕を張って援護したり、広域爆撃により敵を追い出したりできる。購入不要レヴナント.jpg
レヴナント
敵にデバフをかけてスキルを妨害したり、味方をデスから守る保険を掛けたり出来る。レジェンドトークン.png 12,000
ローバ.jpg
ローバ
テレポートして移動したり、高レベルアイテムの位置を判断・盗み取る事ができる。レジェンドトークン.png 12,000ランパート.jpg
ランパート
片側からは弾が通るバリケードや固定式マシンガンを設置して味方を支援できる。レジェンドトークン.png 12,000

2.降下 Edit

ゲームスタート後、輸送船から試合会場へ飛び降りていく。
レジェンド選択3番目のプレイヤーがジャンプマスターに指定され、発進操作を行うことができる。
(ただしレジェンド選択時に時間切れになった場合次のプレイヤーがジャンプマスターになる。)
降下の判断に困った場合、指定ボタンを長押しすることで他プレイヤーにジャンプマスターを譲渡できる。


ジャンプマスターが発進すると、3人まとめて降下開始する。
ジャンプマスター以外のプレイヤーは自分だけ単独降下することもできるが、大抵各個撃破されるだけなので止めたほうがいい。
降下に関してはジャンプマスターをやってみようも一度読んでみよう。

降下中の操作 Edit

降下操作pc.pngps4.pngxboxone.png
加速W左スティック↑
減速S左スティック↓
進行方向マウス右スティック
離脱・単独降下E/左Ctrl□長押しX長押し
マップ確認Mタッチパッド
シグナル発信マウスホイールR1RB
ミラージュのデコイ生成×A
フリー視点マウス右L2ホールドLTホールド

操縦はジャンプマスターが行う。画面中央の照準点に向かって飛行する。
降下中は、ジャンプマスターの速度と高度が表示される。
速度は下を向いて加速操作を行うと増速する。地面と平行に滑空している(前を向いて飛んでいる)状態では次第に減速していく。


遠くへ飛びたいときは、下向き加速で140km/hあたりまで増速してから滑空状態に移るとよい。
125~120km/hまで減速してきたら下降増速で140km/hに戻し、再び滑空体制に移る。
これを繰り返せばマップの端から端まで、1400m前後は飛べる。


降下中の部隊は色とりどりのスモークで装飾されている。
降下中も敵発見のシグナルを送ることができるため、操縦に忙しいジャンプマスターにかわり、随伴者は積極的に索敵しよう。
ジャンプマスターはフリー視点用ボタンを押し続けることで、進行方向をロックしたまま視点を動かすこともできる。


ミラージュを操作している場合、視点方向にホログラムデコイを飛ばすことができる。
誰かに見られていればバレバレだし、そもそも飛んでくのが2人分だけなので攪乱効果は期待できないが、偶然誰かの視点に止まって気を引いたり牽制して遠ざけたりすることができるかもしれない。

降下地点 Edit

各チームメンバーは照準点の方向に「向かう」のシグナルを発信できる。
シグナルはマップ画面上でも送れるので、より正確に降下位置を指定したいときにはそちらで行おう。
またドロップシップ内ではエイムボタンでズームが可能。視界内の目標に細かく指定したいときはこちらが便利。
他人のシグナルに重ねて「向かう」を送ると同意の意志を返せる。長押しでシグナルメニューを開けば拒否も可能。


基本的にどのような場所でも降下できるが、地上からは侵入できない高所に降りた場合、退避警告が表示される。
30秒以内に降りないと即死してしまうので注意しよう。


マップ画面上で青い円が表示されているのはホットゾーンで、金色のフルキット武器を含む高レアリティ装備が配されていることが多い。
またマップに応じてサプライシップ電車といったレアリティの高い装備の詰まった乗り物が移動している。
どちらも、必然的に多くのプレイヤー(それも特に自信のある経験者)が集まってくるので相当な激戦区と化す。
逆に、敵より早く強力な武器を確保できれば一気に優位に立てるし、上手くいけば武器ガチャ装備の争奪戦に負けた素手の敵をリンチ出来る。
戦いはこの時点で始まっているのだ。

3.初動―ウェーブ開始 Edit

降下直後は全員丸腰なので、急いで装備を探索しよう。
先に降下すると、それだけ探索時間が延び、その後のマッチを有利に運べるかもしれない。


時間経過とともに戦闘可能領域(リング)は狭まり、接敵率が上昇する。
バトルロイヤルを成立させるためのお馴染みのシステムである。

ウェーブ Edit

本作では4~6分間の「ウェーブ」が繰り返される形でゲームが進行する。
全部隊が降下完了し、一定時間が経過するとウェーブ開始。リングの収束位置がマップに投影される。
3~4分経過後にマップ外縁の戦闘不能領域が移動を開始、1~2分をかけて収束位置まで広がる。
短いインターバルを経て、次のウェーブが始まる。


戦闘不能領域に入ったレジェンドは、シールドを貫通して毎秒毎にライフダメージを受ける。
リングの移動速度はレジェンドの移動速度よりも早い。
あまりにリングから離れてしまっている場合、探索はほどほどに切り上げてリングを目指したほうがいいだろう。
また、リングに触れている時のダメージはウェーブが後半になればなるほど大きなダメージを受けるようになる。
最初のウェーブでは回復アイテムを使用すれば競り勝てる程度のダメージしか入らないが、
3~4ウェーブ目ともなると全く回復が追いつかなくなるレベルのダメージが入るので出来る限り後半のリングには触れないようにしよう。

4.チャンピオンへの道 Edit

着地と同時に部隊は戦闘可能状態となる。
この瞬間からバトルロイヤルがスタートし、最後に生き残った部隊がチャンピオンになる。


部隊が全員キルまたはノックダウンされると全滅となり、その時点で終了。
ただしノックダウン状態の場合、自己復活アイテムを所持していれば復帰可能。

ノックダウンと復活 Edit

チーム戦前提の本作では、プレイヤーの死亡が二段階体制になっている。
一度ライフがゼロになるとノックダウン状態になる。
この状態にしただけではキル扱いにならず、誰かが追撃したり全滅させるなどしない限りキルスコアも入らない。


ノックダウン状態のレジェンドは出血し、体力横の▼の形をしたゲージが減少していく(血痕は痕跡として残る)。
更にノックダウンシールド展開と簡易シグナル発信以外のアクションが封じられ、這いずってしか動けなくなる。
この状態でさらに攻撃を受けるか出血しきるかして、ライフを全て失うとキルされたことになる。


ノックダウン状態の相手に接近した場合、フィニッシャーという専用モーションでのトドメを行うこともできる。
モーションを完遂すればノックダウンシールドを無視してキル成立となるが、隙が大きい上に途中で攻撃を受けると中断されるためリスクが高い。
シーズン3以降、フィニッシャーでキルした場合シールドを全回復するようになった(従来のレベル4ボディーシールドの効果)が、依然としてリスクは高いので無理に狙う必要はない。


ノックダウン状態のレジェンドは、他のレジェンドによって復活させることができる。
復活直後のレジェンドはシールドを失い、残ライフが20%の状態で復帰する。速やかに援護してあげよう。
またダウン回数に応じて出血死が早まってしまう。救助が少しづつ困難になるので無理はしないこと。

キルとリスポーン Edit

キルされてしまった場合、キルポイントにそのレジェンドのバナーが残される。
このバナーを他のレジェンドが拾い、マップに点在するリスポーンビーコンへ運搬することで、ゲームに復帰することができる。
バナー取得時間はノックダウン時の生存時間と同様、制限時間が設定されている。時間切れしてしまうと本当の意味で試合から脱落する。


バナー状態になったレジェンドのプレイヤーは、味方に自分の位置を知らせるシグナルを発信できる。
バナー回収後は最寄りのリスポーンビーコンをスポット表示するシグナルを送れる。
連打すると物凄く鬱陶しく、交戦中の場合は敵の音声を聞き逃しやすくなるので、ほどほどにしておくこと。
最初から救援のそぶりを見せずに逃走した味方への抗議としてどうぞ


一か所のリスポーンビーコンはゲーム中一度しか使用できない。
リスポーンしたレジェンドはドロップシップ(降下艇)に乗ってやってくるが、これは他のプレイヤーからも丸見え。
更に、リスポーン直後のレジェンドはそれまでの装備を失い、完全な丸腰になっている。チームメイトは装備を融通してあげよう。

コメント Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • ダウン中の敵に与えたダメージはリザルト時に集計されますか? -- 2020-09-29 (火) 16:58:59
    • 集計されるよ -- 2020-10-24 (土) 09:07:42
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント内の改行や固定ハンドルネーム(ハード名・木主以外)は禁止されています。
コミュニティ運用ルールをよく読んだ上でご利用ください。